札幌市中央区山鼻の整体 腰痛 肩こり 膝痛 脊柱管狭窄症 ぎっくり腰 骨盤矯正 慢性疲労なら

リセット療法とは

リセット療法とは

 主に身体の歪みやねじれを調整することで、不調を解消する療法です。
 優しくゆすったりさすったり、また手のひらで軽く触れたりが主な施術で
 手の暖かで気持ちが良い刺激が身体全体に行き渡り、
 ほとんどの方が気持ち良く、また眠くなってしまいます。

 適応する主な症状としては、

 ・肩こり    
 ・腰痛
 ・脊柱管狭窄症
 ・椎間板ヘルニア
 ・坐骨神経痛
 ・神経痛
 ・偏頭痛
 ・めまい
 ・慢性疲労
 ・便秘
 ・不眠症
 ・イライラ     
 ・生理痛
 ・貧血
 ・血行不良
 ・過呼吸
 ・高血圧
 ・花粉症
 ・冷え性
 ・首の痛み、ハリ、ストレートネック
 ・背中の痛み、ハリ
 ・猫背
 ・身体の歪み、ねじれ
 ・膝痛、変形性膝関節症
 ・しびれ
 ・四十肩、五十肩
 ・視力低下
 ・耳鳴り、難聴
 ・不妊症
 ・うつ
 ・パニック障害

 その他、様々な重症な方にも効果が現れます。

 従来の整体やカイロプラクティックの様に、身体の歪みを力で矯正する
 施術ではないので、赤ちゃんから寝たきりのご老人、妊産婦、病弱な方も
 誰でも受けて頂く事が可能です。

 [癒し]ではなく[根本解決]を目的に施術します。
 [根本解決]は今の不調から解放される事が目的ですから、
 身体にかかる負担を考えると、施術時間も短い方が良いとされます。
 長年の痛みがたった5分でとれてしまう事も、珍しくありません。
 

施術の特徴として
①短時間で痛みをとる事が出来る
②完全無痛
③服を着たまま、どの姿勢でも出来る
④身体に則した、数千種に及ぶ手技がある



 何年も続く頑固な症状を、
 その方の身体が最も望んでいる自然な形で改善させていく。
 しかし、あくまでも改善させていくのは本人の身体です。
 私達の仕事は、その力を引き出してあげる事。

 例えば、夜寝ながら寝返りをしない人はいないと思います。
 なぜなら、寝返りというのは同じ姿勢で寝ている事による血液循環の
 偏りや身体のバランスの崩れを自然に治そうとする[治療]だからです。
 それは人間が眠っている間にも無意識の中で行っているものなのです。

 同じ様に不健康や頑固な症状につながる[身体のアンバランス]を修正しようと
 いつも身体は働いています。
 
 強い力で身体を不自然に曲げたり、引っ張ったりする訳でなないですから、
 施術者はほとんど力を要しません。
 ですから、女性でも大きな身体の男性を施術する事が出来ます。
 逆に子供でも女性でも、ご老人でも病弱な方でも施術を受ける事が可能です。

 1日24時間のうちに、人はどれだけ無意識に不自然な動きをしているでしょうか?
 気付かないままに、その不自然な動きをやめさせ、回復に役立つ
 自然な動きを促してあげる。
 それが[リセット療法]の基本です。
 それだけで驚くべき効果を発揮します。

 従って、施術者が力を込めて相手の身体を揉んだり動かしたりする必要は
 全くありません。
 軽く揺すったりなでたりする程度。
 動かすのは、私達の指示を受けたご本人です。
 その動きも、強い力を一切必要としない、呆気ない程の簡単な動きです。
 人間の脳と身体に安心感を与える、脳のリセット反応を利用した
 施術とも言えます。

 身体(脳)に「リラックスしていいんだ、これでOKなんだ」と
 認識してもらう事。
 その状態をOKと理解してもらう事で、身体は従来の不自然で悪い習慣を改め、
 新しい良い状態を保とうとする様になります。
 それが人間の[からだリセット]、
 つまり自然治癒力に繋がっていくわけです。

 驚くべきは、人間の身体です。
 ほんのちょっと揺する、なでる、自分で動かす・・・
 たったこれだけの事で、医師でも治せなかった病気や症状を
 急激に改善させるパワーになり、とりついている頑固な症状を
 [リセット]していく様になっていきます。

 どの様な病気も症状も、治すのは人間の持つ力、本人の身体です。
 現代医学の薬や手術が特効療法であったとしても、
 最終的にそれを利用して治っていくのは、人間の身体の力なのです。
 人間の治癒力を最大限に引き出す為に、私達は全力で臨みます。

◆完全予約制 
営業時間 10:00~13:00 15:00~20:00
定休日 水曜日 
TEL:011(205)0226
※混み合いますので、まずは早めにお電話を!

 
 
 

a:4809 t:4 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional